バンドー太郎の闇営業先建築会社はどこ?会社名や住所から社長とお兄さんの名前と顔画像も調査

バンドー太郎の顔画像

バンドー太郎さんはフリーのものまね・お笑い芸人です。

2019年6月にお笑いコンビスリムクラブと2700を闇営業に誘ったとして話題になっています。

6月30日には謝罪会見を行いました。

その中で詳細を正直に語るといったコメントの中で、建築会社の社長さんに依頼されたとあります。

社長のお兄さんの誕生会で盛り上げ役を買ったということですね。

この記事では、バンドー太郎さんが闇営業を受けた建築会社の場所や名前、またその社長と彼のお兄さんの名前や顔画像等を調査しています。

いったいどのようなものになっているんでしょうか。

早速見てみましょう。

バンドー太郎が闇営業を受けた建築会社はどこ?

ひとつ最初に言っておくと、バンドー太郎さんはフリー、つまり無所属なので基本が直接仕事を依頼されるスタイルです。

なので、バンドー太郎さんが闇営業を行ったわけではありません。

バンドー太郎さんから仕事を振られたスリムクラブと2700が、闇営業という形ですね。

彼らは吉本興業に所属しているお笑い芸人ですから、事務所を通さない仕事を受けたことが闇営業にあたるわけです。

さて、バンドー太郎さんが仕事を受けたとされる建築会社はどこなんでしょうか?

現在の所、建築会社の名前等はまだ明らかになっていません。

自体がかなり大事になってますから、今後の報道で分かってくる可能性が大きいです。

続報に期待しておきましょう。

バンドー太郎に兄弟の誕生会を盛り上げるように依頼した社長の名前は?

バンドー太郎さんに兄弟の誕生会を盛り上げるように依頼し、他にも有名人を連れてくるように頼んだのは建築会社の社長だったと言われています。

バンドー太郎さんはものまね芸人になる前は、現場監督の仕事をしており、その前は設備関係の仕事をやっていたそうです。

おそらく繋がりとしては建築業界にいた頃に元請け会社だったということでしょう。

元請業者と下請け業者の関係は、協力会という形で複数社が合同で忘新年会や慰安旅行を企画することが多いです。

つながりはかなり濃いんですよね。

もし、こういった繋がりだったとすると、他業者の下請け業者の間で良からぬ噂は回るもの。

社長の兄弟が反社会的勢力の関係者だった場合は、気づく可能性はあったと考えられますね。

ただし、バンドー太郎さんと当該社長がこのような繋がりだったかどうかは定かではありません。

あくまで一般論です。

ところで、社長の名前は現在まだ分かっていません。

そのお兄さんについてもしかり。

当然、建築会社の名前や住所が分かってくれば、自ずと明らかになるはずですので、今後の報道を注視していきましょう。


ということで、今回はバンドー太郎さんが仕事を依頼された建築会社の名前や場所、その社長や兄弟についてでした。

カラテカ入江さんが仲介し、闇営業に出たロンドンブーツ1号2号の田村亮さんに対し、相方の淳さんは「詐欺グループの被害者とその家族に対する斜材が無いことに違和感がある」と言っていますね。

今回は建築会社自体は反社会的勢力ではないため、バンドー太郎さんやスリムクラブの二人がもらったお金は、被害者が取られたお金というわけではなさそうです。

そのため、バンドー太郎さんの謝罪の対象は、スリムクラブと2700の当人とその家族、所属事務所とその周辺関係者へ向けたものだったんですね。

今後まだ明らかになっていない部分も、徐々に解明されていくでしょうから、続報を注意深く見ていこうと思います。

最後まで見ていただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です