鄭斗彦(チョンドゥオン)元議員の本当の死因は自殺?他殺の可能性や理由から妻や子供の現在まで

鄭斗彦が身振り手振りで話す画像

韓国といえば、元大統領など、政治家のスキャンダルや矢脚の多さでも有名ですよね。

さて、そんななか、韓国政界から実に物騒なニュースが届きました。

なんと、鄭斗彦(チョンドゥオン)元国会議員が死亡し、その死因をめぐって、自然死ではなく、自殺や他殺が疑われていたのでした。

はたして、鄭斗彦(チョンドゥオン)元国会議員は、どうして死亡したのでしょうか?

この記事では、鄭斗彦(チョンドゥオン)元国会議員の妻や子供の現在についても調べてみました。

鄭斗彦出演の韓国「パンドラ」の画像鄭斗彦(チョンドゥオン)出演番組パンドラの動画がこちら|日本製品不買を批判後に遺体発見 鄭斗彦元議員の画像鄭斗彦(チョンドゥオン)の遺書の内容は?自宅で書いて山で遺体発見された理由も調査

1. 鄭斗彦(チョンドゥオン)元議員のプロフィール

今回、突然の悲報が飛び込んできてしまった、鄭斗彦(チョンドゥオン)元国会議員。

どういう人物だったのか、そのプロフィールを確認していきましょう。

鄭斗彦(チョンドゥオン)元国会議員は、1957年3月6日生まれ。

享年62歳でした。

李明博(イ・ミョンバク)元大統領の側近として活躍した政治家だったのです。

体育部、国務総理室などへの勤務を経て、2000年、国会議員に立候補。

しかし、このときは落選してしまい、ショックから精神を病んでしまうことに。

もっとも、これがキッカケで、鄭斗彦(チョンドゥオン)元国会議員は、李明博元大統領の知遇を得ることになりました。

以後、ソウル特別市政務副市長を務め、2004年には、ようやく国会議員に当選

2008年には再選され、2012年には3選を数えますが、2016年には再び落選の憂き目にあってしまいます。

これを境に鄭斗彦(チョンドゥオン)元国会議員は、国会議員を引退して、民間人に戻って以降は、テレビ出演などを行っていました。

しかし、その矢先、2019年7月16日、62歳という若さで亡くなってしまったのでした。

まだまだ人生これからというときだっただけに、鄭斗彦(チョンドゥオン)元国会議員の突然の死が悔やまれてなりませんね。

2. 鄭斗彦(チョンドゥオン)元議員の死因は自殺か?

政界引退から3年経っていたものの、鄭斗彦(チョンドゥオン)元国会議員は、テレビ出演をしていたこともあり、国民からの認知度は高い人物でした。

それがいきなり亡くなってしまうとはショッキングですが、なにか重病でも抱えていたのでしょうか?

実は、そういったことは確認されておらず、亡くなる4日前の2019年7月12日にも、ラジオに出演していたのですね。

にもかかわらず、鄭斗彦(チョンドゥオン)元国会議員は、公園の近くで亡くなっているのが発見され、自宅からは遺書も発見されたとのこと。

このことから、鄭斗彦(チョンドゥオン)元国会議員は自殺したのではないか?と見られていたのでした。

これはあまりにも残念ですが、自殺しないといけない動機とは、何だったのでしょう。

調べてみると、日本にも関係している、とある問題が浮上してきたのです。

3. 鄭斗彦(チョンドゥオン)元議員の死因は他殺の可能性?理由とは?

なんと、鄭斗彦(チョンドゥオン)元国会議員の死因をめぐっては、自殺だけでも物騒なのに、他殺の可能性まで取りざたされていました。

その理由は何かというと、親日的ともいえる発言だったのです。

韓国は基本的に政治家も国民も反日的な風潮で有名ですが、鄭斗彦(チョンドゥオン)元国会議員は、韓国で盛んに行われている日本製品の不買運動を批判していたのでした。

そのため、これが原因となって、反日的な人物、勢力の怒りを招いて、暗殺された?という見方があったそうなのです。

これが事実なら怖いとしか言いようがないですが、いくらなんでも、こんなことで?と思ってしまいますよね?

しかしながら、実際問題として、韓国では、親日的な言動というものはご法度。

日本でも活躍している芸能人まで親日的な発言はしづらいくらいですので、鄭斗彦(チョンドゥオン)元国会議員の死因をめぐって不穏な見方が出てしまうのは、ある意味、自然なことかもしれません。

とはいえ、自殺説はともかく、他殺説は事実無根であることを願うばかりです。

4. 鄭斗彦(チョンドゥオン)元議員の妻や子供の現在

今回、突然亡くなってしまった、鄭斗彦(チョンドゥオン)元国会議員。

さて、その妻や子供は今、どうしているのでしょうか?

調べてみましたが、こちらはくわしいことが分かっていませんでした。

なお、鄭斗彦(チョンドゥオン)元国会議員の遺書を発見したのは、妻だったとか。

これはそうとうショッキングだったことでしょうね。

旦那が自殺(?)しただけでも、良心がさいなまれて大変でしょうに、そんなものまで見つけてしまうとは。

鄭斗彦(チョンドゥオン)元国会議員の妻にせよ、それ以外の家族にせよ、遺族の心が一日も早く癒えることを願いたいと思います。

鄭斗彦出演の韓国「パンドラ」の画像鄭斗彦(チョンドゥオン)出演番組パンドラの動画がこちら|日本製品不買を批判後に遺体発見 鄭斗彦元議員の画像鄭斗彦(チョンドゥオン)の遺書の内容は?自宅で書いて山で遺体発見された理由も調査

韓国といえば、芸能人の自殺などもめずらしくありませんが、今回の訃報はかなり残念なことではないでしょうか。

人が1人亡くなったことももちろんですが、反日的な行動を冷静に批判している人だっただけに、日本にとっても損失は小さくないでしょう。

くれぐれも真相は他殺だったなどということにならなければいいのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です