鄭斗彦(チョンドゥオン)の遺書の内容は?自宅で書いて山で遺体発見された理由も調査

鄭斗彦元議員の画像

鄭斗彦氏は韓国セヌリ党の元議員です。

2019年7月16日に、自宅付近の山で遺体で発見されました。

現在死因や亡くなる経緯は公表されておらず、気になるところですね。

鄭斗彦元議員は自宅に遺書を残して山で発見されたということで、謎の部分もあり注目されています。

この記事では、鄭斗彦氏の遺書の内容や、自宅で遺書が見つかって山で遺体が発見された理由について調査しています。

日本製品の不買運動との関連はあるんでしょうか?

ではさっそく見てみましょう。

鄭斗彦が身振り手振りで話す画像鄭斗彦(チョンドゥオン)元議員の本当の死因は自殺?他殺の可能性や理由から妻や子供の現在まで 鄭斗彦出演の韓国「パンドラ」の画像鄭斗彦(チョンドゥオン)出演番組パンドラの動画がこちら|日本製品不買を批判後に遺体発見

鄭斗彦元議員が遺体で発見される

韓国の元セヌリ党議員が2019年7月16日に韓国ソウル市の山中で遺体で発見されました。

鄭斗彦(チョン・ドゥオン)元セヌリ党議員が山で遺体で見つかったと、警察が16日明らかにした。

警察などによると、鄭元議員はソウル市西大門区弘済洞(ホンジェドン)のマンション付近の山で発見された。自宅で遺書を見つけた鄭元議員の夫人がこの日午後3時42分ごろ警察に通報し、警察が自宅付近を捜索して鄭元議員の遺体を発見した。警察はひとまず自殺と推定し、正確な死亡の経緯などを調べている。

一方、鄭元議員は第17代、18代、19代国会議員で、最近は時事番組に活発に出演していた。MBN番組『パンドラ』に毎週出演して国内政治の分析と批評をし、KBS(韓国放送公社)第1テレビ時事教養番組『事事件件』のコーナーにも出演中だった。

鄭元議員は前日午後にも生放送で進行されるMBCラジオ番組に出演し、深まる韓日間の葛藤や与野党間の政争について討論していた。

中央日報
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190717-00000005-cnippou-kr

鄭斗彦氏は、韓国第17代大統領の李明博(イミョンバク)の側近で、現在はソウル市内で日本料理屋を経営する親日家だったと言われています。

亡くなる少し前には韓国CBSのラジオ番組で、日本製品不買運動が激化している状況を批判していました。

また、鄭斗彦氏は韓国MBNの報道番組「パンドラ」に毎週出演し、お茶の間でも人気だったとか。

鄭斗彦出演の韓国「パンドラ」の画像鄭斗彦(チョンドゥオン)出演番組パンドラの動画がこちら|日本製品不買を批判後に遺体発見

鄭斗彦氏は親日感情ととれるような発言をすることを気をつけるべきとも発言しており、亡くなった経緯が注目されています。

鄭斗彦(チョンドゥオン)の遺書の内容は?

鄭斗彦元議員は亡くなる前に、遺書を残していたようです。

遺書は自宅で鄭斗彦氏の妻によって見つけられました。

不審に思った妻が警察に通報し、付近を捜索して自宅近くの山中で遺体を発見したようです。

遺書の内容はまだ明らかになっていませんが、遺書だと分かる内容だったことは創造できますね。

警察は鄭斗彦氏の死を自殺と「ひとまず」推定したとありますから、今後の続報が待たれるところです。

鄭斗彦が自宅で遺書を書いて山で遺体発見された理由は?

鄭斗彦元議員は自宅で遺書を書いた後、自宅近くの山へ行って、亡くなったと考えられます。

しかし、遺書を見た妻が通報して警察が捜索した結果発見されたわけです。

遺書を書くのであれば、いちいち亡くなる場所を謎にする必要ありませんよね。

だいたいこういうケースでは、仮に他殺だっとすると犯人が時間稼ぎのために工作するのがイメージできます。

もし家族に悲惨な姿を家の中で見せたくないのであれば、「裏山で死にます」くらい書きそうなもの。

今後韓国の警察が自殺と他殺の両方の可能性も視野に入れていくのか注目ですね。

鄭斗彦元議員の遺体発見に関連してネットの声は?

鄭斗彦元議員が亡くなった件についてネット上の声を見てみましょう。

鄭斗彦が身振り手振りで話す画像鄭斗彦(チョンドゥオン)元議員の本当の死因は自殺?他殺の可能性や理由から妻や子供の現在まで 鄭斗彦出演の韓国「パンドラ」の画像鄭斗彦(チョンドゥオン)出演番組パンドラの動画がこちら|日本製品不買を批判後に遺体発見

以上、今回は韓国の不買運動を批判した人物である鄭斗彦元議員が亡くなった件についてでした。

日本国民からすると、親日寄りの意見を言うだけでひょっとすると狙われてしまうのか?という疑念も持ってしまいそうな事案ですよね。

鄭斗彦元議員の亡くなった経緯が他殺なのか非常に気がかりです。

続報に注目していきましょう。

最後まで見ていただきありがとうございました。

次の記事もお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です