image-20180319153630

大坂なおみは
女子プロテニスプレーヤーです。

現在の世界ランキングは以下で確認できます。

大坂なおみ選手プロフィール|Sprts navi

BNPパリバ・オープン準決勝で
世界ランク1位のシモナ・ハレプを破り
決勝でもカサキナに勝って優勝。

一躍トッププレーヤーに。

国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市
居住地 Fort Launderdale, FL, USA
生年月日 1997年10月16日(20歳)
身長 180cm
体重 69kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち

今回は大坂なおみ選手が日本語を話せる
のか確認するとともに、どこの国のハーフ
なのか、両親や姉の画像、日本語を
話すインタビューも紹介します。

スポンサーリンク

1.大坂なおみは日本語を話せるのか?

大坂なおみ選手は日本語をほとんど
話せないんですよね。

4歳まで日本で暮らしていましたが、
その後はアメリカに移住してほぼ英語で
生活していたようです。

お母さんは日本人ですが、家の中では
英語で、日本語は子供に教えなかった
と言われています。

ところで父親はどこの国の人なんでしょう。

2.大坂なおみはどこの国のハーフなのか?

大坂なおみ選手の父親はアメリカ人です。

名前はレオナール・フランソワといいます。

日本で英語講師をしていた時に奥さんの
環(たまき)さんと出会って結婚。

大坂選手が4歳の頃にアメリカの
フロリダに移りました。

日本語は流暢で、ニュース番組で話す
シーンも見られますね。

(下で紹介します)

身長190cm体重100kgの典型的な
アメリカ人て感じの体つきをしてますね。

大坂選手も180cmあるんですが、
並ぶと小さく見えます。

自宅にテニスの練習場ができるスペース
を作るなど、子供のために何でもする
タイプの人ですね。

奥さんの環さんはこういう日本では
常識離れしたような前向きなところに
魅力を感じたのかもしれませんね。

ラテンのノリですかね^^

3.大坂なおみのインタビュー動画

大坂なおみ選手が紹介されている
NHKのインタビュー動画がありますんで
紹介します。

2分弱で短いですが内容濃いですよ。


 
動画では日本語の猛勉強中だと紹介
されていますね。

2016年のインタビューですから、
もう現在は話せるかもですよ。

何しろ、猛勉強中だったわけですからねw

これまで疎かにしてきた日本語ですが、
2020年の東京オリンピック日本代表
になりたいという気持ちから、勉強を
始めたそうです。

それにしても動画で歌っている
日本語ラップ、かわいいですよね。

インタビュアーに「もう一回」と言われて
照れて笑っているところが日本人ぽい
と感じました。

雰囲気もぽや~っとした感じで柔らかい
印象。

ぜひ日本代表になって金メダル
獲って欲しいです。

スポンサーリンク

4.大坂なおみと家族の画像

大坂なおみ選手の家族は

  • 父=レオナールフランソワ
  • 母=大阪環
  • 姉=大坂まり

の四人家族です。

お父さんのレオナールさんは動画で確認
できましたよね。

では家族の集合写真をみてみましょう。

↓最近の写真
image-20180319071335

家族仲良い感じが出ていて良い写真です。

何というか、バランスが良いですよね。

これはインスタグラムを埋め込んだもの
ですが、クリックして大坂なおみさんの
インスタにアクセスできますんでフォロー
してみると面白いかもです。

英語がわからない場合は、

  • パソコンならChromeというブラウザの
    翻訳機能
  • スマホならアプリ「Google翻訳」

で翻訳できるんでやってみてください。
 

↓日本に住んでいた頃

#fbf with the family ❤️ lol guess which one is me 😩😂

Naomi Osaka 大坂なおみさん(@naomiosakatennis)がシェアした投稿 –


 

凄い可愛いです。

お父さんとお母さんをちょうど足して
2で割った感じですねw

東京オリンピック前後にはまた家族で
日本に住むこともあるんでしょうか^^
 


 
以上、今回は大坂なおみ選手についてでした。

実際問題、大坂選手は日本語を聞き取って
理解することは元々出来てました。

自分で言葉を発して表現したり書いたりする
のが苦手というかほとんどできなかった
らしいです。

猛勉強の末、そろそろ日常会話くらいは
できるようになってるかもですね。

テニス優先だとおもいますが、
東京オリンピックのメダル獲得
インタビューの時にはペラペラの日本語
を肥料してほしいなとおもいます。

最後まで見ていただき
ありがとうございました。

次の記事もお楽しみに。

では!

スポンサーリンク