太鼓の達人を盗んだのは誰?犯人は未成年(中学生)で顔画像が防犯カメラ映像に完全に写ってる

taikonotatsujin

太鼓の達人は2001年2月21日に発売されたバンダイナムコアミューズメントの音楽ゲームです。

家庭用もありますが、主にゲームセンターのアーケード版のファンが多いです。

2019年4月29日月曜日に、衝撃の事件がおきました。

なんと、あの太鼓の達人が盗まれたんです。

場所は愛知県一宮市のゲームセンター。

白昼堂々防犯カメラもあるのに、顔をほとんど隠さずに落ち着いた様子で結んでいきました。

この記事では、犯人が太鼓の達人を盗んでいく様子のわかる動画を紹介しています。2019

1.太鼓の達人を盗んだのは誰?

愛知県一宮市のゲームセンターで、太鼓の達人が盗まれる事件がおきました。

犯人は、防犯カメラの映像を見る限り、若い男性の2人組です。

若い男性と言うより、見た感じは中学生か高校生のように見えます。

映像では、1人が太鼓の達人をプレイしていて、もう1人がおもむろに太鼓の部分の配線を外したんです。

最初はこの2人は知り合いではないのかなと言う感じでしたが、途中からプレイしていた方の男性も運ぶのを手伝いました。

片方はほぼ素顔で、顔が防犯カメラの映像にはっきり写っています。

もう片方もマスクはしているものの、マスクを下へおろすシーンがあり、こちらもやはり映像から顔がわかるように思いますね。

おそらく未成年ですし、逮捕されたとしても名前は公表されないでしょう。

しかし、これだけはっきりと顔が防犯カメラ映像に写ってますし、ネットで拡散されていますからそう遠くないうちに、名前も公表されるのではないでしょうか?

2.店員はいなかったのか?

防犯カメラ映像では、この未成年と思われる2人組は、白昼堂々(16時ごろ)、落ち着いた様子で太鼓の達人の太鼓部分を盗んでいったんです。

素人目から見て、それほど手際が良いようには見えません。

普通なら、店員が気づきそうなものです。

しかし、防犯カメラ映像には店員の姿はなく、犯人の2人は難なく太鼓の達人を盗んでいきました。

調べたところ、このゲームセンターは常駐する店員はおかず、複数店舗を担当する人間が定期的に巡回する方式を採用しているようです。

犯人たちはそのことを知っていたため、巡回に回ってこない時間帯(お客さんも少なそう)を狙って犯行に及んだのでしょう。

お店は既に被害届を出しているようで、そろそろ本気で捕まえないとならない位に、盗難が頻発していることが伺えますね。

防犯カメラがあるとは言え、こうも簡単に商品を盗まれてしまうようなセキュリティーでは、店側も客も安心できませんよね。

今後改善してくれることを期待しましょう。

3.太鼓の達人を盗まれた店はどこ?

太鼓の達人を盗まれたのは、愛知県一宮市内のゲームセンター「ゲームゾーン一宮」です。

愛知県一宮市羽衣2丁目にあります。

↓ここですね。

場所は北名古屋市ではないか?と言う情報もありますが、お店の名前は「ゲームゾーン一宮」で間違いないようですから、一宮市のはずです。

何か別の情報が出て来ましたら、改めて紹介します。

4.太鼓の達人を半に2人組の盗む防犯カメラ映像は?

では、太鼓の達人を犯人が盗む様子を動画で見てみましょう。

確かに全然焦っている様子は見受けられませんね。

落ち着いている、と言うよりも手慣れているように感じるのは私だけでしょうか?

5.犯人はなぜ太鼓ユニットのみ盗んだのか?

防犯カメラ映像を見てわかるとおり、犯人が盗んでいったのは太鼓の達人の太鼓ユニットの部分だけです。

ディスプレイ部分なしで楽しめるんでしょうか?

あるいは、既に持っていたとか。

もしかしたら、自分たちでやるのではなく、売り飛ばそうとしていた可能性もありますよね。


以上、今回はゲーセンから太鼓の達人が盗まれたお話でした。

この事件のポイントは、犯人がおそらく未成年だと言うことと、店のセキュリティーの明け透けだったことだと思われます。

今回の太鼓の達人以外にも余罪があるのではないかと言われる犯人が早くつかまって欲しいものですね。

最後まで見ていただきありがとうございました。

次の記事もお楽しみに。

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です